ソフトウェア開発

業界最高水準の高品質/低コスト

プライムグループでは、DXプロジェクトや新規サービス構築に必要となる、WEBサービスシステム、モバイルアプリケーション、業務システム等の様々なシステム・ソフトウェアの開発・実装までを社内開発チームで対応しています。人工知能やブロックチェーンなどの先端技術についても、利用目的や環境に応じてシステム等への落とし込みが可能であり、高い技術力を備えたエンジニアが日本・ベトナム間で連携を取りながら開発を進めていきます。

低価格・高品質な開発体制

プライムグループでは、2013年にベトナムに開発拠点を開設しました。現在ベトナム拠点には日本人・ベトナム人エンジニアが在籍しており、この中にはコンピュータサイエンスやAI分野での修士・博士号保有者も少なくありません。それぞれの得意分野(データベース、WEBシステム、アプリ開発、運用系、業務管理系、デザイン等)、や扱う言語(PHP、Ruby、Python等)も多様で、層も厚いため、ボリュームのある開発案件にも対応できます。
ベトナムは国策によって、教育機関と連携しながらIT開発人材を育成しており、毎年多くの優秀な人材を輩出しています。そして日本の文化に興味を持ち、日本語を勉強する国民が多いことから、日本企業がビジネスを展開していく良い環境が整っています。その一方でベトナムは日本と比べ人件費が安く、日本の1/2から1/3の価格で人材を確保することができます。このことが、高品質ながら低コストでの開発を提供できる大きな理由の一つとなっています。
また、開発手法に関しても“スクラム開発”と呼ばれるチームコミュニケーションによる柔軟なスタイルを採用しており、経験豊富な開発チームが短期間でスプリントを回すことで、開発リスクを低めた、高スピードでの開発を実現することが可能です。

オフショア開発のマネジメント体制

オフショア開発のメリットとしては、低コストであることが一番に挙げられることが多いですが、海外エンジニアに任せることによる日本語コミュニケーションや、品質、納期の問題に不安を抱えるクライアント企業様は少なくありません。
プライムグループでは、ベトナム開発拠点にも日本人プロジェクトマネージャーが多数在籍しており、要求分析、要件定義、品質管理などの上流工程を担当・監修しています。加えて、日本語が理解できるベトナム人メンバーで構成されたQAチームが、テスターでのバグ潰しを徹底し、プログラムの品質向上をサポートする体制としています。この役割分担が、プライムグループの高品質と低価格を両立させる秘訣であり、クライアント企業様からの満足と高評価に繋がっています。

開発環境

システム・ソフトウェア・アプリケーションの開発については、主に下記の開発環境を利用します。ただし下記以外にもクライアント企業がご指定の開発言語、ご使用中のツールでの開発にも柔軟に対応可能です。

プログラム言語 PHP / JAVA / python / Ruby / C# / HTML&CSS / Java Script
サーバー Google Cloud /AWS / Microsoft AZURE / SAKURA
ソース・ファイル管理 box / git
フレームワーク laravel / Symfony / spring / ANGULAR JS / React / Vue.js
データベース MySQL / PostgreSQL / Microsoft SQL Server
プロジェクト管理 REDMINE
コミュニケーション Skype
品質管理 JUnit / PHP Unit / circle CI

サブシステム開発

ERPなどの基幹システム(SAP, Oracle等)で業務のすべてカバーすることは費用面や柔軟性でデメリットも多く、プライムグループではOSS(Open Source Software)を活用したサブシステムの導入を積極的に提案しています。
基幹システムとサブシステムを並立させることで、開発コストを抑えるだけでなく、運用コストの低減や将来の拡張性やマイナーチェンジに自由度を確保することができます。

基幹システム サブシステム
  • 開発費高額
  • バージョンアップ費用高
  • UI自由度低
  • 開発費安価
  • バージョンアップ費用中
  • UI自由度高

サブシステムとは

基幹システムとは別に、新たにシステム領域を確保し所定業務のために別系統のシステムを組むことをいいます。またサブシステム化することで基幹システムで同様のシステム開発をするのに比べ以下のメリットがあります。
開発単価:サブシステム開発のエンジニア単価は、一般的に基幹システム開発に比べ50%~60%となっています。
自由度:親会社やグループ標準とは別に独自システムを構築でき、エクセルやアクセスなどが乱立することがありません。またシステム化が必要な範囲のみ対象とできるためシステム全体入れ替えは不要です。

独自のUX開発手法

プライムグループは、クライアント企業様のサービスを定性的なユーザーリサーチを元に最適なユーザー体験をご提案、設計いたします。一般的なUI・UX開発では、特定のWebやアプリの画面の操作性を改善することが目的となっているケースが多く、プライムグループではサービスの戦略から実装、運用まで一貫したユーザー視点での設計が可能となっております。プライムグループではUXプロセスをスクラム開発手法に組み合わせた独自の体制となっており、ユーザー体験の評価改善のサイクルを開発とともにスピード感を持って行うことを特徴としています。

定量的アナリティクスデータに基づくUX評価と改善

UXの評価改善では、クライアント企業様のWebサイトやアプリケーションに関するアナリティクスデータをもとにサービス内部の課題部分を抽出し、評価ならびに改善提案を実施いたします。なお、アナリティクスデータとUXの改善履歴をサイクリックに分析することでUXの全体像についての改善提案も可能となります。

TOP