• 体制イメージ
  • データサイエンティスト

    H. T.

    新しい技術や知識に貪欲な会社プロジェクトのたびに未知の領域に挑戦できる

経歴

2003年に富山大学大学院理工学研究科博士前期課程 修了後、SI事業会社にてシステムエンジニアとして、モーションキャプチャシステム、生体信号処理・解析システムの開発案件に従事。2015年に転職し、システムエンジニアとして、主に業務用ネットワークプロジェクターのソフトウェアの開発案件に従事。2019年プライムスタイル社に入社。システム設計・構築を担当する。

プライムスタイルを選んだ理由

フルリモートで働ける環境が整っていたからです。

親の介護が必要になり、今までのようにフルタイムで働くことができなくなって、完全リモートワークが転職の必須条件でした。

リモートワークを扱っている転職エージェントに登録し、そこで、プライムスタイルを紹介してもらいました。当時はまだコロナ前だったので、本当にリモートワークでやっていけるのか、正直、不安はありました。ダメならやめればいい。とにかくやってみよう。そんな気持ちで踏み出した一歩でした。

プライムスタイルでは、フルリモートで働いています。就職面接もリモートでしたね。

社員の4割以上がリモートワーカーで、つねにベトナム人のエンジニアとリモートで仕事をしているので、円滑に行えるシステムや仕組みが整っているんです。プロジェクトリーダーとしてマネジメントを行うこともできます。

データサイエンティストの仕事

例えば、「売上予測を立てたい」というクライアントの要望に対して、スタッフの配置や来店客数の流れなどの過去データをもとに、どんな推移になるかをAIを用いて予測します。

予測する方法はたくさんあって、どれをどう使うかを選択し、比較検討しながら精度を高めていきます。こうした分析結果をもとに、人をアサインするシステムを作ったりします。

実際のプログラミングは、オフショアメンバーが行います。日本のクライアントとベトナムのエンジニアの橋渡しとして、お客さまがやりたいことをわかりやすく伝えることも大切な役割。プロジェクト全体を管理するマネジメント能力も求められます。

プライムスタイルの魅力

新しい技術や知識に貪欲であることや、失敗を恐れずに挑戦させてくれること。これまでの会社とは意識がまったく違いますね。前例のない案件には手を出さない会社がほとんどでしたから。

プロジェクトのたびに新しい技術や知識に触れることができるので、技術者として成長し続けることができます。

本社のある東京と距離は離れていますが、声を上げれば社長にダイレクトに届く。風通しのよさもプライムスタイルの魅力です。

ある日のタイムスケジュール

  9:00 業務開始・メールチェック

10:00 ミーティング資料作成

12:00 ランチ

13:00 クライアントとリモート打ち合わせ

13:30 ベトナムの開発部隊に作業指示

14:00 営業資料作成

16:00 プロジェクトの進捗確認

17:00 調査など

18:00 作業報告・退社・家事