プライムスタイル

  • Share
  • facebook

03-6683-4821

Company Profile/会社紹介

イノベーションの実現

 今日、多くの企業にとって「イノベーション」が一つの目標となっていますが、その実現は決して容易ではありません。イノベーションをどのように実現すればいいのか?を私たちは考え続けてきました。

 プライムスタイルは2013年より「イノベーションラボ」という標語をかかげて、企業のイノベーションをITで促進する事業を行っています。
 イノベーションの核は創造性を伴った最初のアイディアです。優れたアイディアは、関連する分野を深く考え抜いた末に、その片鱗を見せるものです。しかし、いかに優れたアイディアであっても、それを事業として形にすることができなければ意味はありません。昨今のデジタル時代においては、生まれたアイディアを自社内で完結させずに、業界・業種を超えて企業が連携してアイディアを磨き、イノベーションをともなう事業として確立させる必要があります。
 私たちが支援するのは、アイディアを事業として確立させる過程です。弊社には高い技術と多様なバックグラウンドを持つエンジニア、デザイナー、コンサルタント、ディレクターおよびマネージャーがそろっています。様々な分野の専門知識を結集して、多方面からクライアントのイノベーションの実現を支援しています。

プライムスタイルの事業「4本の柱」

私たちの事業は、システム開発、オフショア開発、成長支援、新規事業支援という4本の柱により成り立っています。

【システム開発】
 私たちはシステム開発を12年間行ってきた実績があります。システム開発において重視していることは、クライアントのニーズの実現です。クライアントのニーズには顕在化しているものと、潜在的なものがあります。顕在化したニーズは形にすることはそれほど難しくありません。しかし、より高いレベルで仕事を行うためには、クライアントの潜在的なニーズをも形にする必要があります。そうして構築されたシステムはクライアントの事業を最適化し、イノベーションの実現を引き寄せるのです。

プライムスタイルの事業「4本の柱」

【オフショア開発】
 プライムスタイルの子会社であるプライムラボはベトナムのホーチミン市にあります。プライムラボでは、日本のシステム開発会社向けのオフショア開発/BPOを提供しています。国策としてIT人材の育成に取り組んでいるベトナムには、大学在学中に職業訓練に近い形でプログラミング技術を身に着けた高いスキルを持つ人材が豊富に存在しています。そのため高い技術力を持ったエンジニアを安定的に確保することができ、それが私たちのシステム開発を支えています。
 また、オフショア開発は、「ラボ型」を特徴としています。ラボ型は、通常の請負型と違い、システム開発時の品質管理をクライアントに行っていただきます。つまり、クライアント自らがプライムラボを率いて、開発を主導的に進めることができます。日本のエンジニアによるラボ型開発では人件費が高騰しますが、ベトナムのエンジニアは単価が低いため、このような開発が実現できるのです。また、プライムラボにはノウハウが蓄積されていき、ベトナムの人材と日本の人材が相互に技術を高めていくことができます。

【成長支援】
 私たちが行う成長支援はウェブサイト制作とSEO支援です。弊社では、製品やサービスを使用したユーザーに良質な体験をしてもらえるような優れたUXデザインを実現するUXチームが存在します。またSEO支援では、コンテンツの質を最も重要視します。ウェブサイト制作とSEO支援により、企業の製品やサービスをユーザーに適切に届ける過程を支援します。

【新規事業支援】
 私たちの新規事業支援は、クライアントの新規事業計画の策定からはじめて、製品やサービスを最小限の実行で市場に投入することを目指します。そして初期ユーザーの意見を取り入れ、製品やサービスをブラッシュアップしていきます。こうして改善を繰り返していくことで事業を軌道に乗せていきます。

スタッフ一人ひとりの人生にもイノベーションを

 私たちが考えるイノベーションを実現させるためには、情熱と創造性をもって仕事に取り組むことが必要です。そのためにはスタッフ一人ひとりが目指しているワークライフバランスを実現しなくてはならないと考えています。これまで実現してきたことは、

・自然あふれる八ヶ岳オフィスでの勤務
・各自の裁量に任せた時短勤務や勤務時間の調整
・リモートワーク

です。どうすれば働きやすくなるのかをスタッフ全員が考え、これからも一人ひとりの多様性と情熱を尊重しあえることを目指していきます。プライムスタイルでは、仕事とプライベートの質を高めることに情熱を燃やす人材を心から歓迎いたします。

スタッフ一人ひとりの人生にもイノベーションを