プライムスタイル

  • Share
  • facebook

03-6683-4821

オフショア開発

【オフショア開発の国別分析】

国ごとに、オフショア開発の特徴をご紹介いたします。

ベトナム
ベトナムは現在、オフショア開発が最もホットな国です。「IT人材白書2012」によると、日本のIT企業が、今後のオフショア開発で新たに検討している国や興味のある国は、ベトナムが31.5%で最も高く、次点のインド(20.6%)、3番目の中国(16.7%)を大きく引き離しています。このように、ベトナムのオフショア開発に関心が集まっていることが分かります。
オフショア開発を提供する企業は、スマホアプリ開発に特化したところが多く、この分野の人気が高いことも特徴的です。また、比較的規模の小さいものが多くなっています。このように、ある特定の分野に強みをもつ開発会社が多いのもベトナムオフショア開発の傾向となっています。最近では、WEBシステム開発やソーシャルゲームの開発などを行う企業も増えています。
中国
オフショア開発の発注先として、依然として圧倒的に比率が高いのが中国です。しかし、最近は沿岸部を中心に人件費が急激に上昇したことにより、コストメリットが減少していること、日中間の政治的緊張も発生していること等の問題により、現在発注量は2009年の84.9%から2010年の78.1%へと減少しており8割を切っています。
中国のオフショア開発の特徴としては、基幹系システムや情報系システムなどのソフトウェア開発が最も多く、次いでWEBシステム開発などが行われています。案件の規模としては、継続的に発注するもの、比較的規模の大きいものが多いことが特長です。一方で、スマホアプリ開発などの単発かつ規模の小さい案件の割合は少なくなっています。
インド
インドのオフショアの特徴は、エンジニアの技術力が高い点にあります。現在の日本の委託先としては中国が中心ですが、大規模開発マネジメントや高度な専門技術、グローバル市場を目指した製品の開発ではインドが圧倒的に優れています。この利点を生かし、エンジニアリング系や組み込み系など、技術を要する案件が多いという特徴があります。